リゴレット、G. ヴェルディ

リゴレット、G. ヴェルディ

ヴェルディの17番目のオペラリゴレットは、イル・トロヴァトーレ、椿姫と共に有名な3部作の一つです。これらのオペラにより作曲家は世界的な名声を獲得しました。もともと考えられていた題名 “呪いは、許可が出ず、„“リゴレットの題名になりましたが、ヴェルディは束縛されない支配者像、そして、障害のあるものを主人公にすることに成功しました。この題材をオペラにすることに反対していたヴィクトーア・フーゴーは、カンツォーネの„ “女はこうしたものなど、大衆的なメロディーと現実的な場面を持ち備えた、見事なオペラに成り変わったことにおどろいたことでしょう。„

チケット予約:

チケットをご予約される場合は「スケジュール」へ行き、日にちと時間をご指定下さい。




予約内容
チケットは注文されていません。
クイック・サーチ