微笑みの国, F. レハール

微笑みの国, F. レハール

幸福は実現せず夢のまま、というのは、今までのレハールのオペレッタとは違うタイプです。1929年10月10日、ベルリン初演の際、観客の感激はとどまることを知らず、リヒャルト タウバーは“君こそ我が心の全て”を4回も歌うことになりました! 1930年ウィーンで初演された時は、フーベルト マリシュカによる演出があまりにも創造力溢れたものでしたので、アン デァ ウィーン劇場に居合わせた中国人公使は“中国人全てがこのようではないのだけど…”とコメントしたそうだ。

Main charaters

  • Lisa, Count Ferdinand Lichtenfels' daughter (soprano)
  • Count Gustav von Pottenstein
  • Prince Sou-Chong (tenor)
  • Princess Mi, Sou-Chong's sister (soprano)
  • Tschang, Sou-Chong's uncle (baritone)
  • Chief eunuch (tenor)
  • Ling, head priest (baritone)
  • Count Ferdinand Lichtenfels (spoken)
  • Lore, Lisa's niece (spoken): Theresa Prammer

 

チケット予約:

チケットをご予約される場合は「スケジュール」へ行き、日にちと時間をご指定下さい。




予約内容
チケットは注文されていません。
クイック・サーチ