ホフマン物語、J.オッフェンバック

当時ウィーンで無名だった監督、アンドレイ・セルバンは1993年、オッフェンバックのホフマン物語の演出できわめて大成功し、ウィーン国立オペラ座デビューを祝いました。同様にきわめて魅惑的で、成功した演出と昇進する演劇論を持った素晴らしく、通俗的な内容のオペラの視覚的変換は批評家と聴衆から証明されました。そして今、80回以上上演された人気のこの作品は5年以上の休演を経て再びプログラムに載ります。その際、国際的に活躍しているテナー、ピョートル・べクザーラが緊張感を持って期待の国立オペラ座・ホフマンを演じます。

チケット予約:

チケットをご予約される場合は「スケジュール」へ行き、日にちと時間をご指定下さい。




予約内容
チケットは注文されていません。
クイック・サーチ