トゥーランドット、G.プッチーニ

トゥーランドット、G.プッチーニ

「トゥーランドット」は、ジャコモ・プッチーニの最も野心的な作品であることに疑う余地はありませんが、その作品の評価をめぐっては意見の分かれるところです。純粋な全音階のメロディーから不協和音まで、音楽による描写を賞賛する人もいます。また、タイトルにもなっている君主トゥーランドットが、冷たい打算的な専制君主から、最後には白馬の王子を見つける女性へと転身する唐突さに不満を唱える人もいます。

「トゥーランドット」は、さまざまな色合いに満ちた、神秘的で野蛮な神話の国中国へと私たちをいざないます。けれでも同時にこのオペラは、現代の私たちにも通じる感受性があふれる作品でもあります。プッチーニは、愛と憎しみが同じ木から枝分かれしていき、凶暴とも言える感情を呼び起こし、時にはそれが死で完結するさまを描きました。私たちはその支配から逃れることはできないのです。

皇帝の娘トゥーランドットは残酷で非情。群衆が命乞いをしているにも関わらず、最近彼女に求婚し、提示された条件をクリアできなかったペルシアの王子が死刑に送られる場面から、オペラは始まります。ダッタン国の王子は、目の当たりにした彼女の残虐さに動じることもなく、その美しさに心を奪われます。そして、トゥーランドットの心をつかむため、三つのとんでもない謎を解くという挑戦を受けて立ちます。この謎が解けなければ、彼を待ち受けているのは死です。そして、王子が謎を解いた時、今度はトゥーランドットに謎をかけます。それはカラフという彼の名を日の出までにあてること、そして彼女が謎を解いた場合は、彼は喜んで死を受け入れるというものでした。

悲しいことに、プッチーニはこの作品完成前にこの世を去ってしまったので、プッチーニがこの二人の登場人物を本当はどうしたいと思っていたのかを知ることはできません。プッチーニが生きているのと同じように、この作品を完成させる役に当たったのは他の人でした。1926年4月25日、ミラノのスカラ座で初演されましたが、指揮にあたったトスカニーニは、初日にはプッチーニが実際に作曲したところまで演奏し、それ以上は演奏しようとしませんでした。2日目以降は、トスカニーニ自身の依頼によりフランコ・アルファーノが仕上げた作品全曲を演奏しました。

「トゥーランドット」は、オペラ史上最高傑作のアリア「誰も寝てはならぬ」など、聴く者がただちに高く評価せずにはいられない作品です。このアリア「誰も寝てはならぬ」は、オペラ公演以外のコンサートなどでも非常によく演奏され、プッチーニがもともと意図していた作品の雰囲気を十分に伝えてくれます。

「トゥーランドット」のエキゾチックなドラマの素晴らしさ、ウィーン・フォルクスオーパーでお楽しみください。

チケット予約:

チケットをご予約される場合は「スケジュール」へ行き、日にちと時間をご指定下さい。




予約内容
チケットは注文されていません。
クイック・サーチ